スポンサードリンク
   


検査キャプチャー画像に日時やIDも書き込める/CapENT

s-1248247897_b4ec1ee6e4828fcbd692f5cc8ee7395d.jpg


CapENTは、静止画や動画をキャプチャー出来るフリーソフトで、
電子スコープや硬性鏡、エコーなどからから静止画像および動画を
取り込んで、その画像の管理と閲覧を行うことが出来ます。

検査内容を確認するビューワーのフリーソフトにも、優れたものが
数多く提供されるいい環境となって来ましたが、医療の現場で実際の
検査や診断の手助けとなる汎用性に優れたキャプチャーソフトとなり
ますと、まだまだ本数は限られたものとなっています。

このCapENTは、パソコンをUSB-IOやRS232C経由でフットスイッチや
電子スコープと接続すれば、フットスイッチや電子スコープの操作
で簡単にキャプチャーが実行出来る優れた操作性を誇っています。

キャプチャーを操作している間は、画像は動画として保存されます。

その動画を再生しながら静止画をキャプチャーすることも可能で、
さらに動画の任意の範囲を圧縮ファイルとして保存することも
簡単に対応出来る仕様となっています。

このフリーソフトの最大の利点は、静止キャプチャー画像に任意の
文字を、たとえば医院名や日時、IDなどを書き込める点にあります。

ソフトの圧縮ファイルには、静止画像を含んだ紹介状や返書を印刷
するソフトも同梱されています。

紹介状を作成するソフトは、CapENTから画像を指定して起動する
ことが出来ます

ソフトのダウンロードページはこちら


タグ:動画 検査
posted by rf-ice at 09:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像ビューワー

スポンサードリンク


CTやMRI、簡易的なMPRも表示できる画像ビューア/Radis

s-13147500.jpg

医療の現場における技術の進捗のお陰で、早期診断や超早期の診断
と治療がますます進んで来ています。

対症療法から予防医学へと、超高齢化社会が急速に進行する我が国
においても、その判断基準としての画像診断の重要性はさらに高ま
っています。、

画像ビューアのフリーソフトにもその進歩は目覚しいものがありま
すが、多くのソフトを比較してもおすすめ出来る最右翼がこのRadis
でしょう。

医療用の画像表示方式としては、DICOM形式が超音波診断やスキャン
等の画像の転送や保存に多用されており、ファイル内部には画像
データとヘッダの両方が含まれ、ヘッダ部分では患者と医療用画像
に関する情報が格納されています。

DICOMファイルをPhotoshop Extendedで開いて編集や保存が可能で
あることから、一般的な画像表示方式として広く普及しています。

RadisはDICOM形式の医療用の画像ファイルを表示する画像ビューア
ソフトで、CTやMRI等の表示はもちろんのこと、簡易的なMPRでも
表示が可能となっています。

ソフトのダウンロードページはこちら
posted by rf-ice at 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像ビューワー

スポンサードリンク


ICSR View


ICSR Viewは、フリーソフトウエアののSGMLビューアです。


厚生労働省への報告様式である、ICSR(個別症例安全性報告)の
ファイル形式に準拠して対応しています。


また昨日面でもビュアーだけではなく、SGMLによる入出力機能をも
兼備したビュアーとなっています。


主たる特長としては、SGMLからMHLW 各種様式の作成が可能であり、と、MedDRAをはじめ、医療用医薬品コード、一般用医薬品コードな
どによる用語付与機能も実装しています。


さらに、SGMLからDataBase へのデータの取り込みも可能であるほか、
DataBase からSGMLを作成する機能こ備えています。


他にもフィールドの追加変更によって、企業間の個別データの交換
XMLへも対応が可能となっています。


ダウンロードページ
posted by rf-ice at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像ビューワー

スポンサードリンク


CapENT


CapENTは、静止画や動画をキャプチャーするためのフリーソフト
です。


電子スコープ、エコー等より静止画像及び動画を取り込んで、画像
の管理と閲覧が出来るソフトです。


USB-IOやRS232Cでフットスイッと連動すれば、フットスイッチ操作
でキャプチャーが簡単に行えます。


静止画像を含む紹介状や返書を印刷するソフトも同梱されています。


特長としては、静止キャプチャー画像に医院名、日時、IDなどの
任意の文字を書き込めることがあります。


ダウンロードページ
posted by rf-ice at 17:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像ビューワー

スポンサードリンク


ImageVIewer

ImageVIewerは、DICOM画像などの医用画像や、バイナリ画像を表示
するためのフリーソフトです。


最大の特徴は、2次元画像に加えて、3次元画像も表示することが
可能であることです。


なお、3次元画像については、3次元再構成処理を行います。


サーフェスレンダリングとボリュームレンダリングによって、
3次元表示を可能にしています。


ダウンロードページ
posted by rf-ice at 15:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像ビューワー

スポンサードリンク


Radis

Radisは、DICOM形式医用画像ビューアーのフリーソフトです。
DICOM形式の医療用画像ファイルを表示します。
CT、MRI、CR等の画像に対応しており、MPRも可能となっています。


主な機能は、MPR (multiplanar reconstruction)に加えて、
多検査比較読影が可能で、ズーム、距離計測、ピクセルマッピング
の機能も装備しています。


さらにウィンドウを変更することも出来るようになっています。


ダウンロードページ
posted by rf-ice at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像ビューワー

スポンサードリンク


ApolloView Lite

ApolloView Liteは、医療画像DICOMファイル専用のビュワーです。
フリーソフトでCompresssed DICOM Imageを表示出来るものはそう
ありません。


Compresssed DICOM Imageを表示出来る以外にも、簡単な計測が可能
な点が医療従事者に好評なソフトです。


実際の臨床での使用例としては、送られてくる骨盤XPの計測
(Martius&Guthmann骨盤撮影)などで活用されています。


ベクターの「医療・病院」カテゴリの人気ランキングで1位を
獲得しているフリーソフトです。


最近のバージョンアップによって、細部の調整や修正が図られて
いますが、主な改善点は以下の6点となっています。


1、ドラッグして画像表示の位置を変更可能としています。

2、対応するDICOM画像形式が増大しています。

3、Medical Connections社の有料コンポーネントDicomObjectsを
インストールすることが条件となりますが、DICOM Printが可能
となっています。

4、マルチフレームの動画再生速度の正確性が向上しています。

5、これまで限定されていたタグ情報のデータ表示が、ほとんどの
タグで可能になりました。

6、不具合が報告されていたSQタグ項目が修正されています。


ダウンロードページ
posted by rf-ice at 16:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 画像ビューワー

スポンサードリンク